おいしい飲み方コラーゲンも一緒に海草も一緒に

イソフラボンも一緒に

イソフラボンといえば大豆に含まれている成分で、
青汁と合わせて考えるのならば豆乳になるでしょう。
青汁を豆乳に混ぜて飲むと飲みやすくなるのは有名です。
しかもそれこそ豆乳のイソフラボンが青汁と一緒に摂取することになります。

イソフラボンは女性のホルモンであるエストロゲンと似た
働きをするということで注目を集めています。
どちらかといえば女性が閉経を迎えることによって
起こる更年期障害や骨粗鬆症、
また女性ホルモンを補うことによって美容を助ける
という効果も期待できます。
ある意味では、家でも簡単に豆乳と混ぜるだけで摂ることができますが、
ここで一部の青汁と豆乳が合わさった青汁をご紹介いたします。

「やずやの豆乳青汁」は甘みと香りが強い北海道産大豆「とよまさり」
という品種を使用しており、
六条大麦若葉の青汁と合わせてクリーミーな味わいにしています。

「イソフラボン青汁+」は大麦若葉と小麦若葉に抹茶を加えることで
飲みやすくした青汁にさらに大豆イソフラボン含有した大豆抽出物を
加えた青汁です。
全てが粉末タイプですのでよく混ぜて飲む必要があります。
そういう意味では自分が飲みやすい青汁を豆乳で溶かすというのは、
2種類が揃っていれば簡単なことであり、
どちらの栄養素も十分に摂れます。

青汁は苦みを我慢できないこともないし、
豆乳はクセがあるけれど身体にいいのならと飲んでいる人もいますが、
混ぜることによって新たな味が出来ることもあります。
豆乳の臭いや青汁の青臭さや苦味は薄くなり
、他の飲み物のようになるのです。
昨今は肉や脂ものなどといった動物性たんぱく質の摂りすぎによって、
肥満や疲労が蓄積されてしまいます。

青汁はhttp://xn--fswr23g.la/に主に使われている原材料が載っていますが、野菜の丸ごと絞り汁で、豆乳は大豆の汁であり、
大豆は畑の肉といわれるほどに栄養価は高いものです。
植物性たんぱく源と食物繊維といった植物性同士の相性のいい成分が
合わさっているといってもいい飲み物ではないでしょうか。




↑こちらにはリバウンドしないで気長に続けられる青汁を使ったダイエット法が紹介されています。
きつい無理なダイエットはもうやめて、青汁で健康的に痩せてみませんか?

こちらのサイト青汁の注意点も、ぜひご覧になってみてください。とても参考になります。