おいしい飲み方コラーゲンも一緒に海草も一緒に

青汁のおいしい飲み方

青汁は「不味い」というイメージがありますが、
今では各メーカーの努力によって飲みやすい青汁が多くできています。
中には味すら完全に別のものに変えている青汁もあるのですが、
数は多くないので一般的な青汁を美味しく飲むようにいたしましょう。
基本的には牛乳で溶かして飲むことで、カルシウムも摂れて、
味も抹茶オレのようになります。
青汁の種類によっては味を調えるために
抹茶が配合されているのがありますので、
そういう青汁には特にお勧めです。

カルシウムは身体の骨や歯の形成だけではなく、
身体を働かせるためにも重要なものです。
なにしろ足りなければ骨からカルシウムを摂ってしまうほどなのです。
青汁にも含まれていますが、過分に摂って損にはならない成分です。

飲むヨーグルトなどで溶かしますと乳酸菌が一緒に摂れます。
青汁の食物繊維と共に腸にとって心強い味方と言えるでしょう。
他に豆乳で溶かして飲むと味がまろやかになります。

青汁の苦さが嫌という人は蜂蜜や黒糖などを入れて甘さを加えましょう。
黒糖を入れた場合はきな粉などを加えるとかなり和風な飲み物になります。
ただしよく混ぜないとWの粉っぽさに
逆に飲みづらくなりますのでご注意ください。

そして密かに人気なのはフルーツジュースで溶かすという方法です。
元々手作りで野菜ジュースを作ろうとした時に
飲みやすさのために果物を加えたりします。
今回は純粋な青汁の粉に果物のジュースを加えるというパターンです。
果物のジュースならなんでも合いますが、
人気なのはアップルやオレンジのジュースで、
いまいちと言われているのがブドウのジュースですが、
この場合好みの問題もあるでしょう。
また、青汁と使ったおいしい蒸しパンの作り方がこちらにかいてありますのでこちらも参考にしてみてください。。

ただし青汁は毎日飲む健康補助食品です。
ジュースと一緒に毎日飲むというのは、
ダイエット目的で青汁を飲んでいる人にとっては
カロリーが気になるかもしれません。
    明日葉、ゴーヤ、桑の葉青汁など、いろいろ試して 飲みやすい商品を見つけて、
身体にいい青汁を毎日飲みましょう。

粒状なら手軽にダイエットができると
http://www.badmintonvm.com/Grain.htmlにかいてありますのでおすすめです。

こちらには三大原料である大麦若葉やケール、明日葉のそれぞれに含まれている代表的な成分や効果効能についてや、人気の青汁商品が紹介されているサイトがあります。
このサイトには青汁の悪い飲み方などもかかれていますので是非参考にしてください。